Extended Education

Scrum Tuning using Organizational Patterns

Organization

Gertrud & Cope

Trainer

  • Course

    Date: 16 January, 2012
    Location: Tokyo, Japan

    Regular Price: 80,000 円

    組織パターンでScrumを微調整する 〜 Scrum Fine-Tuning using Organizational Patterns
    (セミナーは英語で実施されます)

    概要(Abstract)

    「Scrumは説明するのは簡単だが実践するのは難しい」――このセリフはもう100万回ぐらい聞いただろうか。手元の「Scrumできるかな?」リストは熟読した。これに従いさえすればScrumをうまくやれるはずだ。ところがScrumでも失敗はする。しかもその理由は必ずしも明白だとは限らない――死んだ当人には死因がわからないものだ。Scrumには50以上の組織パターンが含まれており、そのひとつひとつが実際にScrumをうまくやるために欠かせないのだ。パターンを知れば、Scrumを実践する上での問題を見つけ、それを治すことができる。本セッションではハンズオン形式でその方法をお伝えしよう。

    セミナーの説明(Description)

    本セミナーでは、組織パターンをつかってScrumによるプロジェクト運営を改善する方法を学ぶ。組織パターンのひとつひとつは小さく、局所的に取り入れてScrumを強くしていく。パターンとは他の組織でもよく見られる問題に対する解決策を表現したものであり、当然のことながら、少しずつ現場で試しながら適用していく。パターンはアジャイルプロセスの改善にも役立つのだ。

    本セミナーで紹介するパターンは、パターンのコミュニティ(PLoP)での多岐にわたるレビュープロセスをくぐり抜け、確かにさまざまなところで再現していると認められたものだ。さらにいえば、それぞれのパターンは、全員ではないが世界中にいる先導的なScrum実践者にもじっくり検討してもらった。さて彼らの反応やいかに?

    本セミナーでは組織パターンを3つに分類する。

    第1のグループは、Scrumのフレームワークにそのまま当てはまる。例えば Firewall という、開発者から厄介な問題を遠ざけておく係を置くパターンがある。Scrumでこの役割を担うのは誰だろうか? Scrumマスターはチームを守るが、そのために自身がFirewallとなる。もう少しわかりづらい例としては、プロダクトオーナーもまたFirewallなのだが、その実現方法は、要求を追加するのはスプリント単位に限るというやり方によるものだ。ではマネージャについてはどうだろうか。マネージャはFirewallたりえるだろうか?(Patron Role のパターンも参照されたい)

    第2のグループは、Scrum実践の心構えに関するパターンだ。これはScrumのフレームワークそのものには含まれていないが、良い習慣と見なされている。たとえば、Get on with it パターンがそうだ。このパターンでは、何かを始めるにあたり、完璧で満足のいく計画がなくても、現時点の情報をもとに最初のプロダクトを構築すべく前へ進んでいく。

    第3のグループは、Scrumのプロセス改善をより効果的にする考え方や話し合いのヒントになるパターンだ。たとえば、Face to Face Before Working Remotely (離れて作業する前に会う)パターンがこれにあたる。地理的に離れて作業するチームがうまくやっていくためには、離ればなれになるより前に、チームメンバー同士が顔を合わせる時間を確保することは見逃せない成功要因だろう。

    セミナーの終わりには、あなたはパターンをつかってどうやって実際のScrumプロジェクトの弱点を見つけ、改善していけばよいかがわかるようになる。

    予定している内容(Agenda)

    はじめに
    1.パターンと組織パターンの簡単な歴史
    2. 3分でわかるScrm
    3. パターンの概要
    4. Scrumのコンテキストにおける組織パターン
      1. Scrumから組織パターンへ: Scrum視点から見たパターン
      2. 組織パターンからScrumへ: パターン視点から見たScrum
      3. パターンの3分類
    5. パターンを使って障害を取り除く
    6. パターンの依存関係
      1. パターンの依存関係
      2. パターンの順序
      3. パターンランゲージ
    7. 高度なトピック
    8. 次の一歩と宿題

    各参加者には『Organizational Patterns of Agile Software Development』を一冊、配布します。
    (翻訳: 角谷信太郎)

    ------

    This seminar will teach you how to use organizational patterns to improve your Scrum implementation. Each organizational patterns is a small, local approach to strengthening your Scrum Scrum. Patterns capture solutions to similar problems seen in other organizations, and because they are incremental and empirical, they can help you with your Agile process improvement.

    The patterns we present in this class have all been through the extensive reviewing process of the Pattern Community (PLOP) to ensure that the solutions are broadly reproducible. Furthermore, each pattern has been scrutinized by some of the leading Scrum people in the world. Their conclusions?

    We have divided Organizational Patterns into 3 categories:

    • One set of Organizational Patterns map directly to the Scrum framwork, e.g.: Firewall - Someone has to keep the monkeys off the developers' backs. Who would that be in Scrum? Well, the Scrum Master protects the process and is there by a Firewall. Less obvious is that the Product Owner is also a firewall, in making sure only one set of requirements come into a sprint. What about a manager, can a manager be a Firewall? (also see the pattern Patron Role)
    • One set of Organizational Patterns map directly to a Scrum software implementation. So even if it is not part of the Scrum framework, it is still considered good practice, e.g.: Get on with it - Even if you don’t have a complete, comfortable plan to get started, take what you know and take it forward to build an initial product.
    • One set of Organizational patterns that can inspire thinking and dialog that amplify Scrum process improvement, e.g.: Face-to-Face Before Working Remotely that relates the success that comes from having team members spending face time at their remote partners' location before starting to work across the miles.

    At the end of the class you will know how to use patterns to find and improve the weak spots in your Scrum implementation.

  • Details

    Date: 16 January, 2012
    Location: Tokyo, Japan

    Venue:
    Nomura Conference Plaza
    Nihonbashi
    Tokyo, Japan
    http://www.nomura-nihonbashi.com/conference/index.html

    Get Directions

    Regular Price: 80,000 円

  • Agenda

    Welcome and Opening Games

    1. Short History of Patterns and Organizational Patterns
    2. Scrum in 3 minutes
    3. Pattern Overview
    4. Organizational patterns in the Scrum context
      1. From Scrum to Org Patterns: Looking at Patterns from a Scrum Perspective
      2. From Org Patterns to Scrum: Looking at Scrum from a Patterns Perspective
      3. Three groups of patterns
    5. Solving impediments with patterns
    6. Pattern Dependencies
      1. Pattern dependencies
      2. Pattern sequences
      3. Pattern languages
    7. Advanced Topics
    8. Next steps and homework

    All attendees will receive a copy of the book Organizational Patterns of Agile Software Development

  • Who Should Attend

    This course is for Scrum practitioners — particularly ScrumMasters, but also team members — interested in improving their Scrum implementation.